フリーランスSE×子育て

フリーランスになった男性SEの子育て日記

MENU

水分補給と我が家のマグもどき

早いもので来月には1歳を迎える娘ですが、既に今は離乳食がメインで、ミルクは補助的にしか飲みません。

 

そうなると水分不足が気になってくるので、合間にお茶やジュースを与えるのですが、その時に活躍するのが下のようなマグです。

 

我が家でも生後7ヶ月頃から使っています。

 

f:id:jun4554:20180129230317j:image

娘は何でも触りたがりな時期で、マグを斜めにしたり、逆さにしたり、投げたり、叩きつけたりと好き勝手しますが(苦笑)、

飲み物がストローの先から少し垂れる程度で済むので、それなりに重宝しています。

 

マグの難点

ただこのマグ、色々と面倒なんですよね。

 

何が面倒かと言うと、マグを構成するパーツが結構細かく、そのパーツを洗うのが地味に大変で、また組み立てる際もパーツ探しに苦労したりします。
(娘が使う食器類は専用の水切りカゴに収納を兼ねて置いているのですが、透明な小さなストローを探すのも毎回面倒。。)

 
f:id:jun4554:20180130150135j:image
(マグのパーツは全部で6つ。正直洗うのがめんどい!)

 

一般的なカップとストローで飲んでくれたら・・・

と言うことで、マグを使って3ヶ月。

 

吸い上げて飲むことにもだいぶ慣れてきたので、

「大人が使うストローを普通のカップに刺して飲ませればいいじゃん!マグ洗う手間もは省けるし!」

くらいの軽い気持ちで蓋付きのカップとストローを100均で購入しました。

 

ホームパーティーで使えそうな蓋付きカップは、軽く斜めにするくらいであればストローの刺し口から漏れる程度なので、

「これさえあればマグを洗う手間から解放される!ストローは捨てればいいし。」

と期待感を抱きながら、飲ませてみました。


f:id:jun4554:20180130142121j:image

 

 【結論】

ストローを嚙むだけ嚙んで飲まない

 

残念ながら飲んでくれませんでした。

ストローを噛んでしまって、上手く飲めないんですね。

 

乳幼児用に作られたストローは、それでも上手く飲めるようになっていて、きちんと意味があったようです。

 

100均で買ったストローがこんなにも余ってしまった…。(いらねー)

 

ストローを乳幼児用に

100均の蓋付きカップは、思いの外漏れ出ないことを発見をした手前、

ストロー問題さえ解決すればマグを洗う手間は解消できるはずだと思い、

イオンで売っていた大きいサイズのマグ用ストローのリフィルを購入しました。

 

蓋付きカップのストローの刺し口にはちょっと窮屈な気もしなくはないですが・・・無理やり突っ込みました。

f:id:jun4554:20180130144109j:image
(まぁ見た目はね・・・この際妥協しましょう。)

 

マグもどきの出来は大成功!

 

娘に激しくはねのけられて、蓋が外れる危険性は大いにありますが、今のところ問題なく飲んでくれています。

 

欠点としては、マグもどきの場合、蓋を被せているだけなので、

「娘に持たせてセルフ飲みをさせる」

のは無理なのと、外出先では場所によっては怖くて使えないかも…というのはあります。

 

なるべく娘自身で出来ることはさせてあげたいですが、こまめな水分補給を怠ってしまう方が良くないので、マグの件では楽をするようにしました。

 

それでは。